たかくら歯科・矯正歯科クリニック 東京都 目黒区 一般歯科 矯正歯科 小児歯科 インビザライン 東横線 都立大学

  たかくら歯科・矯正歯科クリニック
TAKAKURA DENTAL & ORTHODONIC CLINIC

  診察のご予約はお電話でどうぞ


● 快適な学校生活になるように
個人差はありますが、小学校高学年〜中学生以上のお子さんは、永久歯が生え揃ってからの矯正治療にあたるため、大人と同じⅡ期治療となります。Ⅱ期治療は、歯に金具(ブラケット)をつけて、針金(ワイヤー)で歯を移動させる、いわゆる“矯正治療”を行います。最近は、男の子は中学3年から高校生になるまで身長が伸び、顔面骨格が変化します。成長が終了するまで、Ⅱ期治療を待つことも多くなりました。当クリニックでは、ライフスタイルに合わせた矯正歯科をご提案しています。痛みについては、試験前は歯を引っ張る力を弱くするなどして、矯正治療中でも快適な学校生活を送っていただけるよう、工夫をしています。


● なるべく抜かない治療を
ご家族なら、お子さんの健康な歯はできるだけ残してあげたいもの。当クリニックでも、できるだけお子さんの歯を抜かないで済む治療法をご提案するようにしています。ただし、矯正治療が終わったときに「治療をして良かった」と思っていただけるような歯並び・咬み合わせにするために、歯を抜いて矯正治療を行った方がいいという場合もあります。これは、歯や骨格の大きさや、歯並び、親知らずの有無によります。矯正治療を進める前に、お口の中を拝見して、歯を抜いて治療をした方が良いかどうかをお伝えし、それぞれの治療法のメリット・デメリットをご説明いたします。その後、ご家族で十分ご相談いただき、最終的な治療方針を決めていきます。


● 矯正治療中の虫歯予防について
お口の中に矯正装置を入れると、歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすいので、ご自宅での毎日の歯磨きを頑張っていただくことが大切です。特に治療中は、クリニックでのケアも欠かせません。当クリニックでは、虫歯予防にも力を入れております。
*くわしくは虫歯予防対策をご覧ください。