たかくら歯科・矯正歯科クリニック 東京都 目黒区 一般歯科 矯正歯科 小児歯科 マウスピース型装置 東横線 都立大学


矯正装置には固定式、取り外し式があります。
固定式装置には、ブラケットとワイヤーによる方法が主流となります。ワイヤーを通す歯に接着するブラケットにはいくつか種類があります。
メタルブラケットは銀色、硬質プラスチック製やジルコニア製のものは透明や白く、歯の色に似ているので、目立ちにくい装置になります。近くそばに寄らないと付けているのがわからないくらいです。
      
       

取り外し式にはマウスピースや拡大装置、床矯正装置と言われるプレートタイプのものがあります。
マウスピースと言われているものには、子供の治療によく使われているシリコン製の柔らかい材質のものやペットボトルのような薄くて硬い材質のものがあり、目的、年齢により種類が多数あります。
 

■人に気づかれにくい矯正をご存じですか
装置が目立つからと、矯正治療をあきらめていませんか?
目立たない装置で、いつのまにか綺麗な歯並びになっている・・・人から見られる機会が多くて、歯並びが気になる方に、目立たない装置をご紹介しています。興味のある方は、お気軽にご相談ください。


■いろいろな目立たない装置があります
歯の外側表面につける装置(ブラケット)は小さく、比較的目立たない透明なジルコニアや硬質プラスチック製ブラケットなどがあります。
ワイヤーも銀色のものと、白い色にコーテイングしたものがあります。
 
さらに目立たないものを希望される方には、歯の裏側にブラケットをつける「舌側矯正」があります。舌側矯正装置は、既成品のブラケットと、個人の歯の形に合わせてオーダーメイドで鋳造して作るもの(カスタムメイド型舌側矯正装置)があります。不正咬合から最終的に矯正治療により並んだ歯列をシミュレーションして、その歯列に合わせてワイヤーとブラケットを製作します。予想模型があり、治療のゴールのイメージが付きやすいと思います。治療経過ごとにワイヤーも一人ひとりに合った形で調整します。
 
 カスタムメイド型舌側矯正歯科装置(WINシステム)は薬機法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とならない可能性があります。ドイツで製作し、DWリンガルシステムジャパン株式会社から入手しております。ドイツ技術検査協会(TUV SUD)にて検査・認証が行われ、安全基準に合格しており、開発及び製造工程はISOの医療機器品質マネジメントシステム:ISO13485規格の認証を得ております。
 
矯正中のリスクについて
矯正装置は凹凸があり、食渣が溜まりやすいので、歯磨きをきちんと行わないと、虫歯や歯肉炎をおこしやすいです。また、歯肉退縮や歯根吸収、顎関節が他の生活ストレスや咬み合わせの変化などにより調子が悪くなることもあります。


■ご自身で取り外しができる装置を使う場合(マウスピース型)
透明のプラスティックでできたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は自分の生活リズムに合わせて、取り外しができ、お食事の時は、装置をつけないいつもの状態でごはんが食べられます。
治療法
マウスピースや透明プレートを作成するための歯型をとります。所要時間は30分〜40分程度です。
装置の装着は1年〜3年程度です。歯並びの状態により長くなることもあります。
歯型をもとに出来上がった矯正装置をお渡し、治療開始です。
決められた時間を守って装着してください。つけ忘れると、治療期間が長く なることがあります。取り外し式の装置は使用時間が足りないとなかなか治りにくくなります。
約2週間で次のマウスピースに交換しながら治療を進めていきます。治療の進み具合を確認し、次のステップの装置をお渡ししてます。ワイヤー矯正との組み合わせでマウスピース矯正だけでは、動きにくい部位は補正してます。通院は1〜2ヶ月ごとで、所要時間は30分から60分です。全ステップの装置をつけ終わったところで検査を行い、最終的な歯並び・噛み合わせをチェックします。
マウスピース矯正は、歯並びによっては、矯正移動が難しい場合は、通常のワイヤー矯正も併用することがあります。
詳細は別ページ(マウスピース型カスタマイズド矯正装置)をご覧ください。